リスク大!カマグラゴールドの副作用・併用禁忌薬・注意すべきポイント

カマグラゴールドは効き目が強力なお薬なので、副作用や飲み合わせの悪いお薬が存在します。
本来、医者の処方によって手に入るカマグラゴールドですが、個人輸入で手に入れた場合は処方せんがついてきません。
そのため、自分自身でカマグラゴールドの副作用や注意事項を調べ、知っておく必要があります。

ここではカマグラゴールドを飲む上で知っておきたい併用禁忌薬・注意すべき副作用などをまとめています。

カマグラゴールドを飲んではいけない人の条件

リスク大!カマグラゴールドの副作用・併用禁忌薬・注意すべきポイント

カマグラゴールドを飲んではいけない人の条件を知りましょう。

・カマグラゴールド(バイアグラ)にアレルギー反応がある方
・併用禁忌薬を投与中の方
・重度の肝機能障害がある方
・血管系に障害のある方
・半年以内に脳梗塞や脳出血、心筋梗塞の既往歴がある方
・網膜色素変性症の方
・未成年の方

カマグラゴールドは血管に変化をもたらすお薬なので、血管が大きくかかわる心臓や脳、また消化に関わる肝臓に疾患がある方は服用NGとなっています。

またカマグラゴールドの副作用として軽度の視覚障害が考えられるため、もともと視覚に特定の障害や疾患がある場合も症状悪化のリスクがあるため服用できません。

未成年の方は、服用時の安全性が保証されていないためカマグラゴールドを飲むことができません。

カマグラゴールドの併用禁忌薬

カマグラゴールドの併用注意薬

カマグラゴールドとの併用が禁止されているお薬は以下の通りです。

・硝酸剤およびNO(一酸化窒素)供与剤
・アミオダロン塩酸塩
・sGC刺激剤

カマグラゴールドの併用禁忌薬は、いずれもカマグラゴールドと同じく強い降圧作用・血流促進作用を持つものです。
硝酸剤・NO供与剤の代表的なものとしてニトログリセリンがあげられます。
ニトログリセリンは飲み薬だけでなく、貼り薬やスプレーなどさまざまな形のものがあるので、気付かずに併用してしまうリスク大です!

アミオダロン塩酸塩はアンカロン錠と呼ばれるお薬に含まれ、カマグラゴールドと一緒に服用すると不整脈や失神の原因となるQTc延長作用を増強させてしまう恐れがあります。

リオシグアト(アデムパス)などのsGC刺激剤は、シルデナフィルとの相乗効果でサイクリックGMPを極端に増やし、症候性低血圧を引き起こしてしまうので併用NGです。

これらのお薬を飲んでいる方は、新たにカマグラゴールドを飲むと命の危険にも関わります。
今飲んでいるお薬があてはまるかどうか、今一度見直しましょう。

カマグラゴールドの併用注意薬

カマグラゴールドと併用することで、効果を打ち消したり増強させてしまうリスクが考えられるのが併用注意薬です。
併用禁忌薬ほどリスクは高くないものの、服用量や効き目の強さによって危険度が異なるので、服用前には主治医の診断が不可欠です。

・チトクロームP450 3A4阻害薬・誘導薬
・降圧剤
・α遮断剤
・カルペリチド

チトクロームP450 3A4阻害薬・誘導薬は、それぞれ薬の吸収・代謝をコントロールするお薬です。
阻害薬の場合、カマグラゴールドと飲み合わせた時に代謝を遅らせてしまい、シルデナフィルの血中濃度を高めて強い副作用を引き起こす恐れがあります。
誘導薬の場合はその逆で、カマグラゴールドが早く分解されすぎて、有効成分が体内に残らず排出されてしまうことが。
どちらにしてもカマグラゴールドの効果をしっかり実感できなくなることが考えられるので、併用するのは慎重な判断が必要です。

降圧剤・α遮断剤・カルペリチドには、それぞれ降圧作用、血管収縮抑制作用、血管拡張作用があります。
どのお薬も共通して、カマグラゴールドと同じく降圧作用・血流促進作用があるため、カマグラゴールドの効き目を強め過ぎてしまうおそれが。

急激に血圧が下がると、症候性低血圧やめまい、失神などにつながるので、併用注意薬をむやみに併飲するのは止めておきましょう。

カマグラゴールドと相性が悪い食べ物

カマグラゴールドと相性が悪い食べ物は、グレープフルーツです。
果実だけでなく、果汁入りの清涼飲料水やお菓子などにも注意してください。

グレープフルーツには、シルデナフィルの分解を遅くする「フラノクマリン酸」という成分が含まれています。
フラノクマリン酸がシルデナフィルの分解を遅くすることで、シルデナフィルの血中濃度が高くキープされ、強い副作用を引き起こしてしまうのです。

頭痛や顔のほてり、めまいなど、カマグラゴールドの副作用は数多く報告されています。
副作用が強く出てしまっては性行為どころではないですよね。

充実した時間を楽しむためにも、強い副作用を引き起こす恐れのある併用注意薬や、グレープフルーツの摂取は控えるべきでしょう。

カマグラゴールドの副作用

カマグラゴールドの副作用

カマグラゴールドを飲むことで起こる副作用は以下の通りです。

・頭痛
・顔の火照り
・紅潮
・めまい
・動悸
・胸の痛み
・鼻炎
・関節痛
・発疹
・目の充血
・視覚障害

特に多く報告されているのが、頭痛と顔の火照りです。

カマグラゴールドの副作用はシルデナフィルの血流促進作用によって引き起こされます。
体全体の血のめぐりが良くなることで体温が上昇し、顔の火照りや熱感、紅潮などの症状が発現します。
また、急激な血流改善によって神経が刺激されるので、頭痛やめまいなどの神経痛も同時に発生するのです。

しかし、これらの副作用は軽度のもので、服用から2~3時間程度するとほとんどの症状が治まります。
どうしてもキツイと感じる場合は、体を休めて様子を見てみましょう。
お水を飲む、頭痛薬や鎮静剤を服用するなどでも効果的です。

まれに重度の副作用も…

確率は低いですが、カマグラゴールドを飲むと起こる重度の副作用も同時に覚えておいてください。

・高血圧
・不整脈
・記憶力低下
・不眠症
・呼吸障害
・心筋梗塞
・低血圧
・持続勃起
・視力低下

カマグラゴールドは血圧を下げるお薬ですが、その急激な変化によって反動が起き、低血圧・高血圧や不整脈などの症状を起こしてしまうことがあります。

また、動悸や胸の痛みなど心臓に負担がかかるため、悪化すると心筋梗塞や呼吸障害にもつながるリスクが…!

特に注意したいのが、持続勃起です。持続勃起(プリアピズム)とは、5~7時間以上勃起が続く病気のことで、放置すると組織が壊死し、勃起障害として後遺症を残す危険性があります。

重度の副作用が起こるケースは極めてまれで、よほど極端な服用や体との相性が悪くない限り起きることはほぼありません。
しかし、カマグラゴールドを飲むことであらゆる副作用のリスクがあること、その症状をしっかり押さえておくことは大切です。
日本とは製薬基準の異なる海外で作られたお薬であるぶん、副作用のリスクをしっかり知っておきましょう。

Posted by GON


PAGE TOP